+RECOMMEND
レ・ミゼラブル (1)
レ・ミゼラブル (1) (JUGEMレビュー »)
ユゴー, 佐藤 朔
読了 おもしろかったっ
+RECOMMEND
スノウ・クラッシュ〈下〉
スノウ・クラッシュ〈下〉 (JUGEMレビュー »)
ニール・スティーヴンスン, 日暮 雅通, Neal Stephenson
待機中、これはAmazonの商品情報ですがみつからない本は7&Y(旧eS-Books)で買ってます
+RECOMMEND
スノウ・クラッシュ (上)
スノウ・クラッシュ (上) (JUGEMレビュー »)
ニール・スティーヴンスン, 日暮 雅通
----ここまで読んだ----
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ひげよさらば
とかってタイトルを思いついてこりゃあ安易過ぎるよなって殆どの人が思うところの裏を掻いてあえてこれでおねがいします!!!


<pos>で髭を発見しました!
kula_1st
FFXIのサービスが始まって間もない頃でした。サンドの街中でPTを組んで少し遠出をしてみませんかというシャウトがあり、それに参加した時の写真です。
僕にとって、生まれてはじめてのPTでした。
今思えば何と言う偶然でしょう…、 …あ、プロ? はいはい
(`д´)ノ =Ξ◇)・┏┓・`)


第二次接近遭遇
kula_2nd
サンドリアで旗揚げをしたSabu隊長率いるサブリメン達。とあるサブリデーの夜に隊長の提案によりウィンダスへサブリガ普及の為の遠征を行うことになりました。サブリメンについてはこちらを参照されたし。
ホームの西ロンフォールから丘を越え海を越えはるばるたどり着いたサルタバルタ平原。
ウィンダスへ森の区への門で一行を出迎えてくれたのが【サブリメンウィンド】でした。※写真中央で光っているのがサブリメンウィンド


そして…
その後うちのLSにもひげさんが入ってきて、再会と相成るわけですが。まあ覚えていた訳もなく。(´∀`)
気づいたのは、ずいぶん後になって写真の整理をしていた時でした。

もひげさんにはクエやらミッションやら、釣り上げたリングを(半ば無理やり)買い取っていただいたりやら、ほんとに長い間ととってもお世話になりました。

こうして知ってる人がいなくなっていってしまうのは正直寂しい感じですが。

まあ、今生の別れというわけでもないですし、またどこかでぱったりと会ったりもするかもしれません。

今はとりあえずおつかれさまでしたとありがとうございましたを。


kula_3rd2
またね!
| FFXI | 05:32 | comments(6) | trackbacks(5) |